産後に骨盤が開く原因と対処

産後に骨盤が開いてしまうその原因とは?

妊娠から出産を経て、体重は戻ったのに、産前のズボンが入らなくなったという多くの女性が、ここめぐみ整骨院においでになります。

産後に服が入らなくなる原因は大きく分けて、二つあります。
一つ目の原因は、出産によりホルモンのリラキシンの作用により骨盤が緩まり広がってしまいます。
広がった骨盤が元の戻ろうとする過程で、歪んだまま戻ってしまうことがあります。
歪みが強い場合、歪みが邪魔をして戻り切れない、閉じきれない骨盤が出来上がってしまいます。
 二つ目は、妊娠中に、骨盤周りの筋肉が伸ばされてしまうこと。
骨盤が開いたままだと、開いた状態の長さまでしか、筋肉の長さが戻りません。
つまり筋肉が伸びたままの状態ということです。
これら「骨盤」「筋肉」の二つの問題について、どちらも改善していくことが、産前の骨盤を取り戻すためには重要です。

当院の産後の骨盤矯正法のご紹介

産後骨盤の2つの大きな問題は、
「骨盤の広がり」と「伸びてしまった筋肉」
これら二つの問題について、どちらも改善していくことが、産前の骨盤を取り戻すためには重要になります。
どちらか一方だけでは不十分で、どちらも必要ということになります。
骨盤矯正と筋肉トレーニングを組み合わせることで、1+1が2だけでなく、3にも4にも効果を引き出すことができます。

まず骨盤を締まった位置に戻す。良い位置の状態でトレーニングをしてもらう。

具体的には、まず心地よい温熱感のラジオ波で深部から温め、矯正ベッドで痛みなく骨盤を締めて、良い位置に戻していきます。

それを定着させるため、さらにあたたかな温灸で心地よく骨盤を安定させます。

骨盤が良い位置になったところで、産前の締まりを取り戻すトレーニングを行っていただきます。
また骨盤が緩まないよう、締まりを維持するための効率的な身体の使い方も指導いたします。