院長挨拶 推薦文

院長よりご挨拶

めぐみ整骨院 院長 松川秀夫

はじめまして
めぐみ整骨院 院長の松川秀夫です。

私は針灸整骨の免許を取得した後、
中国の針灸大学に留学し、修士の学位を取得してきました。
日本に帰国した後は、大学病院において針灸施術に9年間携わってきました。

これまでの経験を活かし、医学的な根拠に基づいて、不快な症状が一日でも早く改善するように努めてまいります。

不快な症状はそのままにせず、どうぞお早めにご相談ください。

身体の専門家の先生方からもご推薦をいただいております

急性疾患だけでなく慢性疾患に対する施術を行える先生として、松川秀夫先生を推薦します

自治医科大学名誉教授 美術館北通りクリニック 院長 瀬尾憲正 先生

松川秀夫先生は、自信を持って推薦できる先生です。

国家資格を取得後、鍼灸の本場である中国に渡り、中医(鍼灸および漢方薬による施術)のメッカである天津中医薬大学で研究を修め、鍼灸の臨床経験をも積まれました。

帰国後、自治医科大学附属病院のペインクリニック外来で行っていた鍼灸施術を担当してもらっていました。

お客様の立場に立った思いやりのある仕事ぶりは目を見張るものがありました。

常に進取の精神があり、学び続けている態度には頭が下がる思いです。

急性疾患だけでなく慢性疾患に対する施術を行える先生として、松川秀夫先生を推薦します。

※あくまで個人の感想であり、効果を保障するものではございません


					

現在でも学び続ける事を忘れず、本当にお客様の立場に立って真剣にお客様に向き合われる先生です

日本メディカルアート協会会長 野田重信先生

松川先生は、日本メディカルアート協会が認定するカリキュラムを終了されました。
私は、松川先生を一言で表現すると「優しさ」だと思います。
松川先生の優しい人柄が松川先生の手に優しさとして表れていると思います。
私は、年間1500人程の先生方とお会いさせて頂き、手を合わすことも多いですが、松川先生は本当に柔らかく、優しい手をされています。
松川先生の院では、物理療法、ドロップベッド、鍼灸、手技療法とお客様の症状に合わせて、様々な施術法を組み合わせてベストな解決方法を提案して頂けると思います。
スポーツ障害から慢性的な関節疾患、メンテナンスと幅広いお客様に対応することが出来ます。
また、整骨院の施術後に気になるお客様のレントゲンやMRIの画像を持って私の整骨院にお越しになる事もあります。
現在でも学び続ける事を忘れず、本当にお客様の立場に立って真剣にお客様に向き合われる先生です。
お近くの方は是非松川先生の優しい手の施術をお勧めいたします。

※あくまで個人の感想であり、効果を保障するものではございません

さまざまな勉強をされているので、幅広い視野でお客様をみることができる先生でいらっしゃいます

めぐみ整骨院の松川先生とは、施術法の勉強会で学び合う仲で、長くお付き合いさせていただいております。
松川先生は国家資格取得後、中国に留学され、更に東洋医学の勉強を深められました。
 
大学病院での勤務も長くされていたので、西洋医学の知識も豊富で、しっかりとしたエビデンスに基づいた病態把握もできる先生です。
 
その他、薬種商やカイロプラクティックなどさまざまな勉強をされているので、幅広い視野でお客様をみることができる先生でいらっしゃいます。
 
この業界の先生は、知識があると自分に自信がでてくるせいか、横柄な態度をとる方も多くいらっしゃいますが、松川先生は、知識が豊富である上に、性格もとても穏やかなお人柄ですので、言葉遣いも丁寧で、お客様を不快にさせるようなことはないのではないかと思います。
 
辛い症状に対して薬を飲んで治まらないと、諦めてひたすら我慢されている方が多くいらっしゃいますが、あきらめる必要はないと思います。
 
お気軽に、めぐみ整骨院の松川先生に相談してみてはいかがでしょうか。

松川先生の知識、技術とやさしさが、きっとあなたの将来を明るくしてくれると思います。

※あくまで個人の感想であり、効果を保障するものではございません