産後骨盤と尿漏れについて

産後に尿漏れはよく起こります。

尿漏れを発症する原因として、
骨盤の歪みも注視する必要があります。

歪みのほとんどない骨盤の場合、
骨盤内の筋肉や靭帯が、
ハンモックのように働きます。

ハンモックの働きにより、
骨盤内の内臓が落ちないように
支えてくれています。

産後に、
骨盤の底が傷ついたり、
骨盤の強い歪みが残ってしまうと、
ハンモックの役割が低下してしまい、
骨盤内の内臓を下から支えきれなくなる
といわれています。

それにより、
内臓が本来の働きを
発揮できなくなることがあります。

そうして
「尿漏れ」
が発症しやすくなります。

当院にも、
産後の尿漏れでお悩みの方が、
多くお見えになりますが、
尿漏れが改善していく上での
大事な共通点は
以下の二つないし三つだと考えています。

①骨盤の歪みを改善した上で、
骨盤を締めてあげること。

②骨盤底筋群を中心とした
インナーマッスルを
しっかりと働かせてあげること。

③東洋医学を用いて、
身体を整え、
回復を助けてあげること。

①と②でほとんどが解決する例が多いですが、
それでも足りなければ③が功を奏すことが多いです。

産後の尿漏れが
なかなか改善されない方は、
上記3点に着目されてみることをお勧めします。

もちろん当院の産後骨盤矯正は、
尿漏れの改善にも対応していますので、
なかなか改善しないとお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

めぐみ整骨院 東京都渋谷区笹塚1-42-6 1階
電話:0120-783-389 ✉:info@sasazuka-megumi.com

めぐみ整骨院

〒151-0073東京都渋谷区笹塚1-42-6 1階